虹色星の創作屋敷
星野うとの創作活動雑記ブログ
自己考察

感動を狙った綺麗な言葉より、拙くても語彙力なくても自分の言葉で感動を伝えることの大切さ

うと
うと
こんにちは。 一次創作大好き:星野うとです。

この記事は、
自分の言葉で感動を伝えることの大切さや良さをまとめました。

語彙力ないから…。
上手く言葉にできないから…。

と、自分の言葉で気持ちを伝える事をあえて避けている人に向けて、もっと積極的に感動を相手に伝えて欲しいと思いまとめました。

はじめに…

最近、Twitterでこのようなツイートをしました。

https://twitter.com/rainbow_UT/status/1256254481844453377?s=20

相手を喜ばせようとして、丁寧な文章を綴ったとしても不発で終わること多いのですが、自分の感情「めちゃくちゃに好き!何でか分からないけど大好き!」っていうのをいっぱい詰めたら「あーーーーー♡♡♡」って言って貰えるので、体裁だけの言葉よりも直に「好きっ!」を積極的に伝えていきたいです。

こちらをもっと掘り下げて展開し、当ブログにまとめていこうと思います。

SNSの普及により変わった自分の交流幅

今では、有名所で Facebook や Twitter Instagramなど、気軽に自分の思いを発信したり、相手と交流できる SNS が普及していて、常日頃から文章を書く機会が増えました。

私は、高校生の頃から今とツールは違えど SNS を利用しています。(当時は GREE というSNS を利用していました。)

高校生の時は自分の取り巻く環境が本当に苦痛でしかたなかったので、ネット上にできた私の唯一の居場所(だと思っていた)がとても心地よかったです。

ネット上でも友達って作れるんだ…!という気づきは私にとってとても新鮮で、リアルよりも、ネットでの繋がりを大事にしていました。

SNS上でできた友達との交流の仕方

GREE 利用時は、Twitterのように文字数を特に気にすることなく投稿物:日記を綴れました。

それがとても楽しかったです。

また、その日記に対して、フレンドさんからコメントをもらうととても嬉しくて、コメントに対してコメントを送り、またコメントをもらいコメントを送り返す…。

そうやってコメントの送り合いをして交流していました。

Twitter は140字までしか打てないけど、GREEではそのような文字制限がなかったので、伝えたい事を好きなだけ、ただただ羅列していました。

自分が思う綺麗な言葉を使い、相手に100%好かれようと努力した

そんな中、私は「相手が見て喜ぶ言葉ってなんだろう?」と、常時考えるようになりました。

せっかく綴るのだから、相手に100%喜んでもらえるような事を書きたい…!と思い、相手へのコメントの文字数を増やし、基本的にウケの良い綺麗な言葉を多用しました。

そのコメントに対して、またフレンドさんの丁寧な返しコメントに喜びを覚え、またコメントを返す…と言ったような事をずっと続けてました。

それで当時は特に困ったこともなかったし、喜んでくれている、であろう丁寧な内容のお返しコメントが半ば生きがいのようになっていました。

もっと好かれるように綺麗な言葉をたくさん使おう!
もっと喜んでもらいたい!

と、私の中でどんどんハードルが上がっていきました。

感動を狙った綺麗な言葉の羅列コメントで起きた私的大事件

ある時、悩み事を日記にまとめていたフレンドさんに、私の気持ちと言って、長文の綺麗な言葉を意識し羅列したコメントを送りました。

私的に、相手を思いやり、とても心配しているけど「あなたはそんな弱い人ではないですよ!だからそんなことにくじけないで!」的な、最高の励ましの文章が書けた気がしていました。

きっとこれを読んだら感動し、喜んでもらえるに違いない…。と思い、相手からの感謝のお返しコメントをワクワクしながら待っていました。

ところが、もらったお返しコメントは私の望むものではありませんでした。

相手も丁寧に長文で返してくれたのですが、その内容が、

「【あなたはそんな弱い人ではない。】ということは、少なくともあなたは私のことを【そんな弱い人】だと決めつけており、それを否定することで私のことを【強い人】だということを言いたいんですね?私は強い人間ではないので、強いと決めつけたようなこと言われたくないです。」的なものでした。

私が良かれと思い、相手に喜んでもらえるだろうと、とても期待していただけにもらったお返しコメントが衝撃的で、そのコメントに対して言い訳のように「そんなつもりはなかった旨」を綴り、たくさん謝罪しました。

それと同時に頭の中が真っ白になりました。

喜んでもらえるように時間をかけて丁寧に文章を作り送ったのにも関わらず、むしろ関係を険悪にしてしまうとは…。

当時は本当にショックで、相手のコメントが長い間頭から離れませんでした。

その事件(私的に大事件)をきっかけに、返信するコメント内容を見直すようになりました。

模範解答のような、綺麗な言葉を綴る目的が分からなくなってしまったのです。

感動を狙った綺麗な言葉をただただ並べた文章は誰のため?

事件までは、頑張って言葉の表現や意味などに気をつけ、見栄えのいい日記やコメントを綴ることに注力していました。

しかし、上記の事件のように相手を不快にさせてしまってからは、何のためにやるのか分からなくなりました。

そこで色々考えた結果、綺麗な言葉を綴った文章は相手のためではなく、自分の自己満足であることに気づきました。

  • 綺麗な言葉を使える上品な私
  • 語彙力が高く、言葉を巧みに使いこなす秀才な私
  • 相手を思いやれる優しい私
  • 喜んでもらえて自分も嬉しい慈善な気持ちの私
    など…

綺麗な言葉で相手を優雅に相手を喜ばせられる自分、なんてすごいんだ…!偉すぎる!と、自分に酔っていたのです。

自分の気持ちを綺麗な言葉に変換した際に、伝えたい想いが若干変わっていることも実感していました。

表現がオブラートに包まれたようなまろやかさが増したことで、自分の気持ちが、熱意が少なくなっていました。

それでも、見栄えが良ければそんなことどうでも良かったのです。

拙くても語彙力なくても、自分の言葉で感動を伝えようと決意

私は語彙力が乏しいのを自覚しています。

なので、綺麗な言葉を使っていた理由の1つに、語彙力の乏しさを隠すため、というのもありました。

しかし、綺麗な言葉で綴った文章はなんとなく読み心地が固いし、ちょっと冷めた印象がありました。

また先程の事件をきっかけに、ただ感動狙いの綺麗な言葉の羅列文は、相手にとっても自分にとっても意味がないことを知ったので、もっと自分の思いを正直に表現しいきたいと思いました。

自分の言葉で感動を伝えることの大切さ

見栄えのいい文章を作る時、大抵似たような模範解答があったので、自分の気持ち基準に文章を作ることはしていませんでした。

つまり、前述した事件前までは、自分の言葉ではなく誰かの言葉を上手い具合に組み合わせて、「自分の気持ち」としていたのです。

今思えば、つぎはぎだらけのサンプル品みたいでしたね…。偽物の自分の気持ち的な。

事件後からは、これまでの文章の書き方を改め、自分の感情を基盤に言葉を綴るようにしました。

「自分が感じたこの気持ちはなんだろう…?」と振り返り、パッと浮かぶ感情を元に自分が常用する言葉から選び文章にしていきました。

すると、前よりも当たりの柔らかいコメント返しが増えて、読んでいて気持ちが穏やかになって行くのを感じました。

感動狙いの綺麗な言葉で綴ることをやめたら肩の荷が降り、伸び伸びと文章化できるようになりました。

「いい言葉を考えなきゃ…!」と、勝手に課題みたいにしていた事にも気づき、それがなくなったため、文章を綴るのが純粋に楽しくなりました。

語彙力の高さ乏しさよりも、自分の気持ちを一生懸命言葉にしようと努力した方が、相手にその気持ち・熱意が伝わる気がします。

想いが伝わるのであれば、方法・手段はもちろん問いません…が、自分の気持ちを伝えるためには、自分の言葉で言語化した方がストレートに相手に響くと思うのです。

感動を狙った綺麗な言葉より、拙くても語彙力なくても自分の言葉で感動を伝えることの大切さ:終わりに…

気持ちを表現する方法はたくさんありますが、共通することは、想いは、相手に伝わらなければないのと一緒。ということです。

方法・手段はそれぞれですし、他人に言われたからってその方法を安易に変える必要もないと思います。

それでも私は、見栄え重視の文章よりも自分の思いを自分の言葉で表現した方が、何十倍何百倍もいいよ!相手も自分も嬉しいよ!いい事いっぱいだよ!ってことを伝えたかったです。

うと
うと
それではまた来てくださいね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★☆Twitterフォローよろしくお願いします!☆★
星野うと( @rainbow_UT

★☆イラストやデザインのお仕事等、【お問い合わせ】をお待ちしております!☆★
お問い合わせ

★☆リンク集☆★

外部リンク集外部リンク集 【SNS 等 閲覧系】 ◆Twitter ◆マンガハック【月廻狼奇譚】 ◆YouTubeチャンネル ...
ABOUT ME
星野 うと
20↑♀/人生迷子の絵描き&デザイナー/お仕事募集中/日々の雑記&考察→1次創作のイラスト・漫画→猫/看護師とWebデザイナー歴有/どうやったら楽しく楽して生きられるか日々思案
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です