虹色星の創作屋敷
星野うとの創作活動雑記ブログ
自己考察

昔はイラストレーターになることが憧れでした

うと
うと
統合失調症を抱えていても幸せに生きたいしがない絵描き:星野うとです。

初めての方もそうでない方も…虹色星の創作屋敷へようこそ!広大なWebの海から遠路はるばるお越しくださいまして誠にありがとうございます!

当ブログは、統合失調症という精神疾患を抱えつつも自分らしく幸せに生きたいと願う運営者が、その方法を日々思案しながらだらだらと徒然を綴っている場所です。

主な内容としては、同じ統合失調症を抱えており自分の人生を上手に生きられないなぁ…と感じる方に向けて、どうしたら少しでも幸せに生きられるかを、私自身で検証しながらその成果を発信していくものとなっています。

私自身、統合失調症を患い10年以上経過した身なので、失敗談や成功談をソースは私として語っていけるんじゃないかな?と思います。

発症から10年以上も経ったので、そろそろ病気についても俯瞰出来るようになってきた時期だと思います。

加えて、自身の抱える病気を再発させて、また辛い入院生活を送ることのないように、自分の考えを客観的に眺めることでセルフカウンセリングの意味も込めてまとめていきます。

統合失調症を抱える方、生きるのが辛いと思う方にとって何か少しでも心に響くものがあれば嬉しいです。

お互い、自分の人生楽しく生きていきたいですね。

■昔はイラストレーターになることが憧れでした:はじめに…

私は、物心ついた時から絵を描くのが大好きで、白紙とペンが自分の相棒のような存在でした。

何でも買って良いよ。
と言われれば、白紙のノートと鉛筆をお願いする子供でした。

将来的にイラストレーターになりたくて、実際に夢を叶えるために、社会人を経験した後に高額な学生ローンを組んでイラストレーターの専門学校にも通ったりもしました。

それほど本気でイラストレーターになりたかったのですが、最近はイラストレーターになりたいという気持ちが全くと言っていいほどに消えてしまいました。

一体何故か…。

それは、絵を描くこと自体は好きだけど、仕事として、誰かのために誰かの要望に沿った絵を描くことは好きではない。と気づいてしまったからです。

私が絵を描く上で重要視していることは、

・自分の欲望のままに好きな絵を描くこと。
・描きたい時に描くこと。
・急かされない状態で気ままに描くこと。

です。

イラストレーターとして、仕事として働く場合、こうはいかないなぁ…。と、悟ってしまったのです。

■イラストレーターの専門学校に行った理由

そもそも私が高額な学生ローンを組んでまでイラストレーターの専門学校に行った理由は、学校に行けば、必ずイラストレーターになれると信じていたからです。

元々看護専門学校に通っていたので、イラストレーターの専門学校も、卒業できれば何の問題もなく自動的にイラストレーターになれると思っていました。

しかし、実際は高額な学生ローンを返済するために長時間アルバイトをする羽目になり、アルバイトのために時間を費やし結果体調を崩して卒業もできませんでした。

専門学校に通学して5年以上経った今でも、その高額な学生ローンの返済のために毎月約3万円は引かれています。
毎月3万円です。3万円ですよ。
卒業も出来なかった学校の学生ローンを払うのに毎月3万円。

馬鹿な決断をしたなぁ…思います。

今でこそ思えるのですが、イラストレーターになるために高額な学生ローンを組んでまで専門学校にいくことはオススメしません…本当に。

なぜなら、後の自分の可能性が、高額な学生ローンの返済によってせばまれることと、専門学校に行かなくてもイラストレーターになれる人はなれるからです。

■イラストレーターを目指さなくなった今

今まではイラストレーターになるためにクラウドソーシングに登録したり、グッズを作って販売したり、イラストのアナログ原画を販売したりと色々なことを試してきました。

でも、どれをやっていても生活できるほどのお金は得られないし、何よりお金のために絵を描くことそのものに楽しさが全く見いだせませんでした。

描いた絵が売れること自体は嬉しいのですが、絵が売れる為の努力や、売れる絵を描くことが全然楽しくなかったのです。

そのため、どんどん絵を描くことそのものが苦痛になって行きました。

それだったら、ハンドメイドの方が作ることから販売までの工程が楽しいと思えるほどでした。元々物作りは好きですし。

好きな絵が嫌いになる…!そんな不安を覚えたので、絵を描いて生活する、イラストレーターになろう!と考えるのはやめました。

すると肩の荷が降りたような気がして、また絵を描くのが楽しくなりました。

好きな絵をとことん描いて、結果それが生活できるほどのお金に繋がったなら結果オーライで1番素晴らしいことなのですが、今の私にはそれができません。仕事してお金稼がないと生活もできないですし…。

働かなくても生活ができる環境なら、ずっと漫画描いていたいな…。

絵を描くことが嫌になりかけたからこそ、自分が目指すべきものは何かを考えるキッカケになりました。

■自分の好きなことが仕事になる

好きなことを仕事にしよう!的な自己啓発はたくさんありますし、私も、好きなことが仕事になったらどんなに幸せか…と日々願っています。

いつかはそうなったらいいな!と思うけど、でもそれは今じゃないな…とも思ったり…。
学生ローンの返済もあるし…orz

好きな絵を描くことは、私自身お金を払ってでもやりたいことなので、辞めるつもりはないのですが、いつかはそれがお金に繋がる日が来るといいなぁ…とこっそり思ったりしてます。

今、イラストレーターは目指してないけど、他にもっとやりたいことが見えて来たので、それを叶えるための努力をしていこうと思います。

■昔はイラストレーターになることが憧れでした:終わりに…

やりたいことがなんなのか、自分と深く向き合うことは大事だなと、身をもって感じました。

しなければよかったな。と思うこともたくさんありますが、その失敗がなければ比較もできませんし、学びにはなりましたしね…。

これからは、今自分が目指す夢に向かって努力をしていこうと思います。

今の自分が目指す夢はまだちょっと語るには浅はかかな…?と思ったりしているので、揺るがないと思った時に語ろうと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

少しでも感じ取る何かがあると嬉しいです!

うと
うと
それではまた来てくださいね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★☆Twitterのフォローをよろしくお願いします!☆★
星野うと( @rainbow_UT

ABOUT ME
星野 うと
20↑♀/人生迷子の絵描き&デザイナー/お仕事募集中/日々の雑記&考察→1次創作のイラスト・漫画→猫/看護師とWebデザイナー歴有/どうやったら楽しく楽して生きられるか日々思案
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です