虹色星の創作屋敷
星野うとの創作活動雑記ブログ
ライフハック

朝5時に起床!早起きを習慣化する方法

うと
うと
こんにちは。 一次創作大好き:星野うとです。

この記事では、私が実践した朝5時に起きる習慣を身に着けるための方法をまとめてみました。

■はじめに…

初めての方もそうでない方も。
当ブログにお越しくださいましてありがとうございます。

私は今、出勤に片道約1時間かかる所に務めています。また、仕事が始まる時間もめちゃくちゃ早いです。朝には仕事するための準備もあるし。

そのため、朝6時に出勤する必要がある労働環境なので、必然的に早起きが必須になっていきます。

すると、朝起きる時間も早くしなければなりません。身支度に必要な準備時間のことを考えると、出勤よりも30分くらいは早く起きたいですよね。

すると最低でも5:30には起床したい…。

でも、欲を言うともっと朝早く起きて朝活もしていきたい…。
朝活するためにも+30分〜1時間は欲しい…。

すると必然的にもっともっと早く起きる必要があります。

今までは、8時に起きても出勤までに十分にゆとりのある生活でした。

しかし、今の職場に転職してからは8時に起きていたのでは就労時間に遅刻してしまいます。

現在私は5時〜5時30分には起床できるようになりました。

今のところ今日まで、まだ寝坊による遅刻はないので、私がどうやって8時起床から5時起床までに移行できたかを具体的にまとめてきます。

■朝5時に起床するために試したこと

転職が決まってから、とりあえず何が何でも朝早く起きる必要があったため、起きられる為の工夫をいくつか実践しました。

実践内容

  • 睡眠時間を削る
  • 目覚ましをたくさんかける
  • 早めに寝る
  • 寝る場所を変える
  • ふかふかの布団に寝ない

上記の項目の中で、
1番効果的だったこと、逆に1番効果的でなかったものを解説します。

■朝5時に起床する方法で効果的だったこと

1番はズバリ、「早めに寝る」です。
当たり前すぎて逆に申し訳ないのですが、私の日々の体調を考えると、1番かつ最も大事な事柄でした。

私の体質上、1日6時間以上は睡眠時間を確保しないと体調不良を起こすことが最近やっと分かりました。

そのため、朝5時に起きる+6時間以上の睡眠となると、遅くても23時には就寝しないといけません。

仕事から帰って寝るまでの時間、色々とやりたいことがたくさんあります。

仕事の勉強はもちろん趣味として絵も描きたい、漫画も描きたい、漫画も本も読みたい、音楽も聞きたい…等

仕事も終わっているし、集中したり、ゆっくり活動するにはもってこい。

色々とやりたいことはたくさんあるのですが、これらをなるべく控えて、23時までには寝るようにしたら朝は確実に5時までには起きられるようになりました。

■朝5時に起床する方法で効果的でなかったもの

それは「睡眠時間を削る」です。

単に、どんなに遅く寝ても、5時に起きれればOK!
な状態です。

対策も何もせず、ただ単に体力と根性で実践する。

働き始めの当初は、5時に起きる為に睡眠時間を削る方法をとって日々生活していました。

常に勉強不足を指摘されていたため、常に0時過ぎても起きて頑張って勉強していました。

でも、今思えば頑張っていたのはただ遅くまで起きていることで、勉強自体は睡魔と戦っていた分集中はできていなかったと思います。

0時以降に寝て朝6時前に起きて出勤する生活を1ヶ月程繰り返していたら、約2ヶ月程でメンタルが崩壊し、「今すぐ仕事辞めたい病」が加速してしまいました。

職場でも気持ちが不安定で、常に悩み事で頭がいっぱい。
できないことで怒られると「自分はなんてダメな人間なんだ…。」と落ち込み、常に希死念慮がつきまといました。

職場でも何度も泣いてしまうし、家に帰っても寝るまでの時間何も出来ずにボーッとして…。

本当にメンタルボロボロでした。

今でも仕事を辞めたい気持ちは皆無ではないのですが、当時と比べるとそこまでの緊急性は感じなくなりました。

当時と今と明らかに違うことは、単に仕事でできることが増えて自信がついてきたことに加えて、睡眠時間をしっかり確保したことです。

■早起きを習慣化する目的

メンタルボロボロ時期は、朝早く起きることだけが目的になっていました。

だって、朝早く起きないと遅刻してしまうので当然ですよね。勉強もしないといけないし、でも出勤時間までには起きなきゃいけないし…。

でも、メンタルと体調不良を起こしてからは、自分の体に相当無理をさせていたことに気づきました。

極端な話、生活やお金のことを考えると退職するのは簡単ではないとはいえ、体調不良を起こしてまでやる必要のあることなんてこの世にあるのかなって。

仕事もそうだし、ダイエットもそうだし…。

そう考えると、もっと気楽に考えてもいいのでは?
と考えるようになりました。

それと同時に、手段と目的を見直そうと思いました。

改めて考えると、朝早く起きること自体が目的ではなく、朝早く起きることによってできる時間を使い、有意義に過ごすことが目的でした。

朝早く起きることは目的ではなく、たんなる手段でした。

■早起きを習慣化して見えてきたこと

今では多少の前後はありますが、5時〜5時30分には起きられるようになってきました。

朝をゆっくりすごせると気持ちが落ち着きます。

準備に焦らないし、食事もできる。
トイレもゆっくり入れるし…。

何より自由な時間が増えました。

最近は朝にブログや創作をする為の時間が欲しいと思うようになったので、もっと早く起きれるようになりたいです。

目指すは4時起き!

今までやっていた夜の活動と時間を朝に移すだけなので可能だと思います。

4時起床習慣を身につけ、充実した毎日にしていきたいです。

■朝5時に起床!早起きを習慣化する方法:終わりに…

根本的に、自分が無理して行っても成果に結びつくことが今までなかったので、無理はしないように生活していきたいです。

無理をしない為にどうすれば良いか?を考えることが、私とって最適な成長方法でした。

これからも無理しないで生活できるように日々工夫していきたいと思います。

それでは、最後まで読んでくださりありがとうございました!

うと
うと
それではまた来てくださいね!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

★☆Twitterフォローよろしくお願いします!☆★
星野うと( @rainbow_UT

★☆Amazonのほしい物リストです!☆★
うとのほしい物リスト

★☆イラストやデザインのお仕事等、【お問い合わせ】をお待ちしております!☆★
お問い合わせ

ABOUT ME
星野 うと
20↑♀/人生迷子の絵描き&デザイナー/お仕事募集中/日々の雑記&考察→1次創作のイラスト・漫画→猫/看護師とWebデザイナー歴有/どうやったら楽しく楽して生きられるか日々思案

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です