Lv.1の創作家
星野うとの創作活動徒然ブログ

【読書感想文】アイデアのつくり方【本】

うと
うと
創作活動が大好きな:星野うとです。

初めての方もそうでない方も…Lv.1の創作家へようこそ!

当ブログは、一人暮らししながらお絵描きや漫画を描く等、創作活動する方に向けて運営してます。
一人暮らしの生活についてや創作活動についての情報、あとは運営者の創作物の紹介等をつらつらと綴っている場所です。

基本的にゆるっ!と書いてますので、ゆるっ!と読んで貰えると嬉しいです\(^o^)/

■【読書感想文】アイデアのつくり方【本】:はじめに…

私は現在、日々何かどきどきするような良いアイデアが浮かばないかな…。
と思いながら、何も起こらない退屈な毎日を過ごしています。

  • もっと刺激的な日々を過ごしたい。
  • もっと新しい発見が欲しい。
  • もっと楽しいことがしたい。

もっとこうしたい、もっとああしたい、もっと、もっと、もっと!
が募る日々の中で、何もない一日を過ぎ去る生活ばかりではさすがにつまらないので、自分の力でそれを打開できる方法はないかと考えた結果、本から新しい知識を身につけることを閃きました。

選んだ本は、著者:ジェームス・W・ヤングの『アイデアのつくり方』です。

■アイデアのつくり方:本に関する情報

作者はジェームズ・W・ヤング(1886-1973)
アメリカ最大の広告代理店・トンプソン社のとても偉い人です。

『アイデアのつくり方』は漫画本とほぼ同じサイズ。
B6サイズのハードカバーの本で、総ページ数100p程。

行間も広くゆったりとしていて読んでても疲れにくく読みやすく、本の厚みがとても薄い本となってます。

ぶっちゃけ1時間もあれば読了できてしまうような本なんですが、中身が驚くほどに濃くて、「なるほど!」と学びを感じる箇所かいくつもありました。

□この本を選んだ理由

過去1年半、Webデザイナーをしていたことがあって、そこでご縁をいただきとあるセミナーに参加することになったんです。

そこでセミナー講師をしていた方が、講義の中で強く紹介していたのがきっかけです。

「こんなにアイデアがあふれる人がおすすめする本だから、読んでみなきゃ!」と、ある意味使命感にかられたのは覚えています。

□本を読む前の印象

ノウハウ的な本のイメージは、そこそこ大きくて厚い本をイメージしていたので、本屋で見つけた時は「本当にこれで合ってる? 」と不安になりました。

だって小さくて薄いんですもん…。
身構えていた分拍子抜けしました。

□本の内容

内容は、タイトルの通り、アイデアのつくり方が書いてあります。

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせであること。」を前提に、基本的なアイデアのつくり方とは、

  1. 問題についての資料を収集する。(食料集め)
  2. 問題についての資料を咀嚼する。(食材を調理し食べる)
  3. 問題を放置する。(消化)
  4. アイデアの出現。
  5. 生まれたアイデアを具現化して展開する。

とだそうです。

■アイデアのつくり方:心動かされた内容

見た目を侮るなかれ…。
全てが私にとって必要な情報で、本当にびっくりしました。

□本を読んで新しく知ったこと、気づいたこと

私は、アイデアは常に新しい物であるという認識を持っていました。

エジソンが発見した電気とか
ニュートンのが見つけた重力とか…

誰も見つけた事のない事を見つけることが大事だと…

でもそれって、アイデアというよりも、発見とか発明の分野なのかなって、今では思います。
アイデアのその先の向こうのような印象になりました。

私は、この本読んで、アイデアの概念から修正された感じです。

□感動したところや印象に残った場面とその理由

アイデアのつくり方が分かりやすく書いてある点がとても良かったです。

シンプルかつ重要なことしか書かれていない、無駄のないというにふさわしい本でした。時折、文章書き方、表現の問題で内容理解がしにくい箇所もあったのですが、ゆっくり少しずつ読み進めることで理解しながら読むことができました。

買ってよかったと本当に思います。

■アイデアのつくり方:読んだあとの感想や意見

私に必要なことは、

  • とにかくこのやり方に則って考える練習をすること。
  • まずは資料をありったけ集めること。

今まで、アイデアを見つけるための大事な方法の第一段階、資料収集からすっ飛ばしていました。情報収集は、面倒くさくてもしっかり取り組まなければ新しい発見は見つけられないなと感じました。

何故なら、掛け合わせる素材が少ないと単調だったり、同じものしか生み出せなくなってしまうからです。素材が多すぎて問題になることはないので、意識して情報収集に励みます。

□本を読んだあと、どう思ったか

この本を読んだのは3回以上なのですが、内容すぐ忘れてしまうのか…毎回新鮮な気持ちになるんです。

普段から、どれだけ本を流し読みしているのだとちょっと落ち込みました。
これからはもっと丁寧に読書しようと思います。

□本を読んで、自分の考えが変わったと思うところ

いいアイデアを思いつけるように日々色々なことに興味関心を持ち、考えながら過ごしていこうと思いました。

また、今回の読書で、読書は目的を持ってした方が記憶に残りやすいことが分かりました。

何となく読むのではなく、「○○の知識を身に着けたいから!」など、目的を明確にして読むように心がけようと思います。

■【読書感想文】アイデアのつくり方【本】:終わりに…

自分にとって有意義な本は読んでいて達成感ありますね。
このように分かりやすい本をもっと読んでみたいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

うと
うと
それではまた来てくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です